21夏S&P500第60位チャーター コミュニケーションズ A(CHTR) 総合通信サービス

スポンサーリンク

楽々毎日百円投資術!

こんにちは!

ug(ゆーじ)です。

Spectrumというブランドで知られるアメリカの電気通信事業持株会社です。ケーブルテレビサービスとしてコムキャストに次いで全米第2位、有料テレビ分野ではコムキャスト、AT&Tに次いで第三位です。米国41州、3,100万人を超える契約者がいます。

※2021年夏S&P500時価総額順位

※時価総額の順位はその時々の株価により変化します。

2021.8時点S&P500トップ100

チャーター コミュニケーションズ A(CHTR)

業種:総合通信サービス

株価:605.55ドル(2021年12月13日終値)

時価総額:約1,095億ドル

近年の売上高を見てみましょう。

2018年12月期 約436億ドル

2019年12月期 約458億ドル

2020年12月期 約481億ドル

2021年12月期 約517億ドル(予想)

2022年12月期 約543億ドル(予想)

一株利益21.87700ドル、配当はありません。自己資本比率は18.89%です。ケーブルテレビ会社は多額の設備投資が必要なので、借入金も多い傾向があります。自己資本比率の低さは、その辺りが原因でしょう。ですが、顧客一人一人にラスト1マイルまでケーブルが繋がっているのがこの事業者の強みです。テレビとインターネットだけでなく、有線電話、携帯電話事業も重要な収入源になっています。

純利益

2018年12月期 約12億ドル

2019年12月期 約17億ドル

2020年12月期 約32億ドル

2021年12月期 約44億ドル(予想)

2022年12月期 約56億ドル(予想)

近年、ネットフリックスなどのインターネット動画サービスに押されている事業者が多い中で、この増益率は立派です。個人向けサービスはもちろん、大企業や政府機関向けには通信製品やマネージドサービスソリューションとして「Spectrum Enterprise」、中小企業向けにインターネット、音声、ビデオの「Spectrum Business」を提供することで、幅広い需要に対応していることが強みと言えます。企業の場合、不安定な無線回線よりも安定感のある有線接続が求められる点も、ケーブル事業者にとって有利でしょう。

S&P500(または全米株式)投資信託を積み立てるということはチャーター コミュニケーションズの株主になるということです。

参考記事

56位チャーター・コミュニケーションズ調べてみた!

昨年同時期調べのデータについての記事です。

次回

21夏S&P500第61位ユニオン パシフィック(UNP)総合通信サービス

「楽々毎日百円投資術」を始めたくなった人は「即、実行!」へ。

即、実行!

当ブログの最初の記事から読みたい方は「一番最初の記事に行く」へ。

一番最初の記事に行く

21夏S&P500第60位チャーター コミュニケーションズ A(CHTR) 総合通信サービス

(投資は自己責任で)

投資リスク

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました