21夏S&P500第5位アマゾン ドットコム

スポンサーリンク

楽々毎日百円投資術!

こんにちは!

ug(ゆーじ)です。

業種に百貨店とあるように、ご存じネット小売り業から始まった企業です。北米、日本、ドイツ、英国など、先進国を中心にインターネット通信販売を展開しています。今後の業態について、直近の2021年4月-6月期総売上高約1,131億ドルに占めるオンライン販売の売上高が532億ドル(約47.0%)、クラウドサービスであるアマゾンウェブサービス(AWS)の売上高が148億ドル(約13.1%)と、徐々にITサービスの比重が伸びています。既にクラウドサービスの世界において、AWSのシェアは32%と2位のマイクロソフトを抑えて1位です。営業利益の点でもAWSが36億ドルの⿊字と、北⽶事業の29億ドル⿊字を抜いています。他にも「ファイアタブレット」、「Echo」などのデバイスの製造・販売、「Amazon Prime」を筆頭にメディア コンテンツにも力を入れています。業種がインターネットサービスとなる日も近いかもしれません。

※2021年夏S&P500時価総額順位

2021.8時点S&P500トップ100

スポンサーリンク

 

アマゾン ドットコム(AMZN)

業種:百貨店

株価:3,450.00ドル(2021年9月14日終値)

時価総額:約17,508億ドル

近年の売上高を見てみましょう。

2018年12月期 約2,329億ドル

2019年12月期 約2,805億ドル

2020年12月期 約3,861億ドル

2021年12月期 約4,763億ドル(予想)

2022年12月期 約5,640億ドル(予想)

一株利益57.37860ドル、一株配当(年間)は有りません。自己資本比率は28.45 %です。2011年7月末に同社は時価総額1,000億ドルを超えましたが、その時の株価が227.20ドルです。つまりここ10年で株価は15倍になったことになります。その頃からの株保有者は口をそろえて言うでしょう。

「配当は無くてもかまわない。私は充分満足している」

S&P500(または全米株式)投資信託を積み立てるということは、アマゾン ドットコムの株主になるということです。

※時価総額の順位はその時々の株価により変化します。

次回は

21夏S&P500第6位フェイスブック

「楽々毎日百円投資術」を始めたくなった人は「即、実行!」へ。

即、実行!

当ブログの最初の記事から読みたい方は「一番最初の記事に行く」へ。

一番最初の記事に行く

21夏S&P500第5位アマゾン ドットコム

(投資は自己責任で)

投資リスク

コメント

タイトルとURLをコピーしました