21夏S&P500第6位フェイスブック

スポンサーリンク

楽々毎日百円投資術!

こんにちは!

ug(ゆーじ)です。

2019年末から始まったコロナ禍においても、巣籠り需要のお陰でアルファベット、アマゾン共に売り上げが伸びています。フェイスブックもご多分に漏れず2021年12月期、2022年12月期の売り上げについて驚異的上昇を予想しています。2020年末で月間28億のアクティブ・ユーザーを誇る世界最大のソーシャル・ネットワークキング・サービスです。「Facebook」の上場によって手に入れた莫大な資金を元に先端的サービスを展開する企業を買収して傘下に収め、同業ライバルのいない独占状態構築に余念がありません。日本で大人気の「Instagram」をはじめ、「Messenger」、「WhatsApp」も同社のサービスです。

※2021年夏S&P500時価総額順位

2021.8時点S&P500トップ100

スポンサーリンク

 

フェイスブック A(FB)

業種:インターネット サービス

株価:373.92ドル(2021年9月15日終値)

時価総額:約10,616億ドル

近年の売上高を見てみましょう。

2018年12月期 約558億ドル

2019年12月期 約707億ドル

2020年12月期 約860億ドル

2021年12月期 約1,195億ドル(予想)

2022年12月期 約1,430億ドル(予想)

一株利益13.48460ドル、一株配当(年間)は有りません。自己資本比率は78.35 %です。売り上げの98%が広告収入です。他にヴァーチャルリアリティ関連機器も扱い始めています。

2012年5月18日に米ナスダック市場に上場。初値は42.05ドルでした。2021年9月15日現在は373.92ドルと10年待たずして8.89倍です。上場後一旦暴落した時期もあったので、

「持ち続けていて良かった」

そんな投資家の声が聞こえてくるようです。

S&P500(または全米株式)投資信託を積み立てるということは、フェイスブックの株主になるということです。

※時価総額の順位はその時々の株価により変化します。

次回は

21夏S&P500第7位テスラ

「楽々毎日百円投資術」を始めたくなった人は「即、実行!」へ。

即、実行!

当ブログの最初の記事から読みたい方は「一番最初の記事に行く」へ。

一番最初の記事に行く

21夏S&P500第6位フェイスブック

(投資は自己責任で)

投資リスク

コメント

タイトルとURLをコピーしました