86位医療機器開発・製造・販売、ストライカー

スポンサーリンク

楽々毎日百円投資術!

こんにちは!

ug(ゆーじ)です。

アメリカ株式指標S&P500時価総額第86位のストライカー・コーポレーションについて調べました。

大学在学中から医療器具の発明に力をいれていたホーマー・ストライカー博士は、医師になってからも病院内の地下スペースを利用して器具開発に力をいれていました。そして1941年にOrthopedic Frame Companyを起こしました。ただし、この頃はまだ法人ではありませんでした。法人化したのは1946年です。ストライカー博士の専門が整形外科でしたので、当初開発していた医療器具は整形外科用器具が中心でした。1964年に現在のストライカー・コーポレーションに社名を変更しています。そして1985年に1億ドルの売り上げを達成します。その後、医療系企業を多数買収して2013年には売り上げ100億ドルに到達しました。28年間で百倍の売り上げになったことになります。ニーズに合わせた適切な医療器具開発と買収の結果と言えます。2021年現在、整形外科事業において股関節・膝関節の再構成と外傷インプラントシステム、メッド・サージ事業では外科用機器・手術ナビゲーションシステム・内視鏡・通信システム、脳神経技術・脊椎事業として神経血管製品・脊髄インプラントシステムを主要製品として展開しています。本拠地はアメリカ合衆国ミシガン州カラマズーです。

※時価総額の順位はその時々の株価により変化します。

スポンサーリンク

ストライカー・コーポレーション(Stryker Corp)

株価:245.81ドル(2021年3月1日20:04)

時価総額:約925億ドル

近年の売上高を見てみましょう。

2018年12月期 約136億ドル

2019年12月期 約149億ドル

2020年12月期 約144億ドル

2021年12月期 約171億ドル(予想)

2022年12月期 約183億ドル(予想)

一株利益4ドル20.07セント、一株配当は2ドル52セントです。配当利回りは約1.03%です。自己資本比率は40.14%と安全経営レベルです。2019年から2020年にかけての世界的不況下で売り上げの落ち込みがありますが、病院の病床数を増やすための簡易ベッドの緊急発売など、その時々に求められる製品への対応の速さにも目を見張るものがあります。

S&P500投資信託を買うという事はストライカーの株主になるということです。

スポンサーリンク


↑楽々毎日百円投資術始めるならお薦め!

↑eMAXIS SLIM米国株式(S&P500)買付可!↑

次回S&P500時価総額87位の企業です。

87位全米5位の小売店ターゲット

「楽々毎日百円投資術」を始めたくなった人は「即、実行!」へ。

即、実行!

当ブログの最初の記事から読みたい方は「一番最初の記事に行く」へ。

一番最初の記事に行く

86位医療機器開発・製造・販売、ストライカー

(投資は自己責任で)

投資リスク

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました