21夏S&P500第53位ネクステラ エナジー(NEE)

スポンサーリンク

楽々毎日百円投資術!

こんにちは!

ug(ゆーじ)です。

World’s Largest Producer of wind and Solar Energy

(風力及び太陽光発電の世界最大の生産者)

ホームページにアクセスするとこのような宣言が飛び出す企業、それがネクステラ エナジーです。フロリダ州の半分で約500万顧客を持つ米国内で三番目に大きな電力会社であるフロリダ パワー&ライト(Florida Power&Light)を筆頭に、ネクステラ リソーシーズ(NextEra Energy Resources)、ネクステラ エナジー パートナーズ(NextEra Energy Partners)の三社を子会社に抱える持株会社です。

※2021年夏S&P500時価総額順位

※時価総額の順位はその時々の株価により変化します。

2021.8時点S&P500トップ100

スポンサーリンク

ネクステラ エナジー(NEE)

業種:公益事業 – 電力

株価:87.84ドル(2021年12月1日終値)

時価総額:約1,702億ドル

近年の売上高を見てみましょう。

2018年12月期 約167億ドル

2019年12月期 約192億ドル

2020年12月期 約180億ドル

2021年12月期 約186億ドル(予想)

2022年12月期 約215億ドル(予想)

一株利益1.24270ドル、一株配当/年は1.54ドル、配当利回り1.7532 %/年となっています。自己資本比率は29.96 %です。フロリダ パワー&ライトは7割を超える天然ガス発電そして、原子力発電、そして、太陽光を始めとした次世代発電を行っており、売電価格が規制に守られている強みがあります。ネクステラ リソーシーズは2018年5月時点で、風力12,863メガワット、原子力2,723メガワット、太陽光2,153メガワット、天然ガス420メガワットを発電しており、自由価格で電力を供給しているのが特徴です。フロリダ パワー&ライトの電力供給網と、ネクステラ リソーシーズの再生可能エネルギー発電のノウハウを上手く融合させることで、両者はネクステラ エナジー経営の両輪となっております。もう一つのネクステラ・エナジー・パートナーズは2014年に結成されたばかりの会社で、株式上場で得た資金で主に風力・太陽光発電企業の買収を進めています。天然ガスのパイプラインも所有しています。

ネクステラ エナジーは、蓄電設備設置にも力を入れており、再生可能エネルギーの欠点を補うべく、模索しています。2020年時点では、総発電量の41%が化石燃料と再生不可資源によるものですが、今後、この割合を減らすべく鋭意努力中です。

S&P500(または全米株式)投資信託を積み立てるということはネクステラ エナジーの株主になるということです。

参考記事

昨年同時期調べのデータについての記事です。

再生可能と称するエネルギー100%発電を目指すネクステラ・エナジー

次回

21夏S&P500第54位クアルコム(QCOM)

「楽々毎日百円投資術」を始めたくなった人は「即、実行!」へ。

即、実行!

当ブログの最初の記事から読みたい方は「一番最初の記事に行く」へ。

一番最初の記事に行く

21夏S&P500第53位ネクステラ エナジー(NEE)

(投資は自己責任で)

投資リスク

コメント

タイトルとURLをコピーしました