21夏S&P500第54位クアルコム(QCOM)

スポンサーリンク


スポンサーリンク

楽々毎日百円投資術!

こんにちは!

ug(ゆーじ)です。

移動体通信技術を牽引する半導体、ソフトウェア設計・製造企業です。古くは1980年代半ばのCDMA技術、以後、3G、4G、そして、最新の5G技術まで多くの特許を保有して、アップル他世界中の携帯通信機器メーカーからライセンス料を得ております。工場を持たないファブレス半導体メーカーです。

※2021年夏S&P500時価総額順位

※時価総額の順位はその時々の株価により変化します。

2021.8時点S&P500トップ100

スポンサーリンク

クアルコム(QCOM)

業種:半導体

株価:177.03ドル(2021年12月2日終値)

時価総額:約1,967億ドル

近年の売上高を見てみましょう。

2019年9月期 約196億ドル

2020年9月期 約217億ドル

2021年9月期 約336億ドル

2022年9月期 約395億ドル(予想)

2023年9月期 約426億ドル(予想)

一株利益7.87280ドル、一株配当/年は2.72ドル、配当利回り1.5365 %/年となっています。自己資本比率は20.85 %です。移動体通信分野だけでなく、データセンター用サーバーチップ、そして、自動車向け半導体及びソフトウエアにも力を入れています。今後、自動運転技術が確立されるとすれば、その根幹にクアルコムの技術が導入されていると考えて間違いなさそうです。売り上げは、2019年9月期200億ドル弱からわずか4年後の2023年9月期として400億ドル超えを予想しております。わずか4年で倍の売り上げを想定し得る企業それがクアルコムです。株価についても2011年は50ドルに達していなかったので、この10年で3倍以上になっています。

S&P500(または全米株式)投資信託を積み立てるということはクアルコムの株主になるということです。

参考記事

昨年同時期調べのデータについての記事です。

アメリカ5G一番乗りのクアルコム

次回

21夏S&P500第55位リンデ(LIN)

「楽々毎日百円投資術」を始めたくなった人は「即、実行!」へ。

即、実行!

当ブログの最初の記事から読みたい方は「一番最初の記事に行く」へ。

一番最初の記事に行く

21夏S&P500第54位クアルコム(QCOM)

(投資は自己責任で)

投資リスク

スポンサーリンク
30年で考える楽々毎日百円投資術で資産の土台造り。さらに余裕があれば、それとは別に短期且つ期間限定・推定利回りがわかる海外投資に資金の極一部を振り分けるのも面白い。
一万円からと少額で始められる上に短期間で答えが出る!
投資額はポイント還元でお得に!

今話題の海外投資クラウドファンディング!クラウドクレジット株式会社

コメント

タイトルとURLをコピーしました