21夏S&P500第15位マスターカード

スポンサーリンク

楽々毎日百円投資術!

こんにちは!

ug(ゆーじ)です。

国際ブランドのクレジットカードにおいて、シェア65%を誇るのがビザ。マスターカードはビザに次いで33%のシェアを持つ(2018年時点)クレジットカード決済システム業界第2位の企業です。マスターカードはビザカードに比べてヨーロッパで強いと言われており、世界での加盟店は7千万店となっております(2020年現在)。

※2021年夏S&P500時価総額順位

2021.8時点S&P500トップ100

スポンサーリンク

 

マスターカード A(MA)

業種:インターネット サービス

株価:344.20ドル(2021年10月4日終値)

時価総額:約3,554億ドル

近年の売上高を見てみましょう。

2018年12月期 約150億ドル

2019年12月期 約169億ドル

2020年12月期 約153億ドル

2021年12月期 約188億ドル(予想)

2022年12月期 約226億ドル(予想)

 

一株利益7.19890ドル、一株配当(年間)は1.76ドルです。配当利回りは0.5113 %/年となります。自己資本比率は19.55 %です。

インターネットを介する電子商取引が当たり前になった現在、私達消費者と金融機関、店舗、プラットホーム企業、政府、そして、国家を超えた繋がりが生きて行く上で欠かせません。網の目のように張り巡らされた見えない糸、それがマスターカードです。

S&P500(または全米株式)投資信託を積み立てるということはマスターカードの株主になるということです。

参考記事

昨年同期調べのデータによる記事です。

マスターカード(クレジット決済システムの双璧)

※時価総額の順位はその時々の株価により変化します。

次回は

21夏S&P500第16位プロクター & ギャンブル

「楽々毎日百円投資術」を始めたくなった人は「即、実行!」へ。

即、実行!

当ブログの最初の記事から読みたい方は「一番最初の記事に行く」へ。

一番最初の記事に行く

21夏S&P500第15位マスターカード

(投資は自己責任で)

投資リスク

コメント

タイトルとURLをコピーしました