21夏S&P500第32位ベライゾン コミュニケーションズ(VZ)

スポンサーリンク

楽々毎日百円投資術!

こんにちは!

ug(ゆーじ)です。

固定電話と携帯電話サービスを主体とする通信業です。米国における携帯電話事業のシェアは2020年時点で38%に及びます。2位のTモバイルUS、3位のAT&Tをおさえて堂々の1位です。

※2021年夏S&P500時価総額順位

2021.8時点S&P500トップ100

スポンサーリンク

 

ベライゾン コミュニケーションズ(VZ)

業種:総合通信サービス

株価:52.95ドル(2021年11月1日終値)

時価総額:約2,194億ドル

近年の売上高を見てみましょう。

2018年12月期 約1,309億ドル

2019年12月期 約1,319億ドル

2020年12月期 約1,283億ドル

2021年12月期 約1,334億ドル(予想)

2022年12月期 約1,319億ドル(予想)

 

一株利益5.31900ドル、一株配当/年は2.56ドル、配当利回り4.8347%/年となっています。自己資本比率は21.24%です。2017年に買収して他事業と統合した米ヤフーを2021年に売却するなど、事業を大きく動かしています。同社の5Gはミリ波という高い周波数を使っていることにより、通信速度が速いと評判になっております。不景気をものともせず、2020年12月までなんと14年連続増配を記録しています。

S&P500(または全米株式)投資信託を積み立てるということはベライゾン コミュニケーションズの株主になるということです。

参考記事

昨年同時期調べのデータについての記事です。

ベライゾン・コミュニケーションズ調べてみた

 

※時価総額の順位はその時々の株価により変化します。

次回、

21夏S&P500第33位ダナハー(DHR)

「楽々毎日百円投資術」を始めたくなった人は「即、実行!」へ。

即、実行!

当ブログの最初の記事から読みたい方は「一番最初の記事に行く」へ。

一番最初の記事に行く

21夏S&P500第32位ベライゾン コミュニケーションズ(VZ)

(投資は自己責任で)

投資リスク

コメント

タイトルとURLをコピーしました