66位民間旅客機の世界を二分するボーイング

スポンサーリンク

楽々毎日百円投資術!

こんにちは!

ug(ゆーじ)です。

ボーイングは航空宇宙産業を主体とする企業です。同分野の米国株式指標S&P500採用銘柄の中ではロッキード・マーティンに次いで第2位の時価総額となります。設立は1934年、本社はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴにある歴史ある企業です。旅客機等、民間航空機のシェアにおいてヨーロッパのエアバスと世界を2分する巨大企業です。

※時価総額の順位はその時々の株価により変化します。

スポンサーリンク

ボーイング(The Boeing Company)

株価:204.32ドル(2021年1月15日20:04)

時価総額:約1,153億ドル

近年の売上高を見てみましょう。

2017年12月期 約940億ドル

2018年12月期 約1,011億ドル

2019年12月期 約848億ドル

2020年12月期 約579億ドル(予想)

2021年12月期 約776億ドル(予想)

一株利益-7ドル87.78セント、配当はありません。自己資本比率は-3.29%です。ロッキード・マーティンが順調に利益を上げる一方、ボーイングは2019年より赤字決算となっており、2020年決算も赤字の予定です。両社の違いはロッキード・マーティンが軍需産業に経営資源を集中しているのに対して、ボーイングは民間向けが全事業の半分以上を占めていることが挙げられます。景気の上昇下降に左右されやすい企業体質と言えます。

2021年現在従業員を大幅に減らすリストラクチャリングを実施しております。具体的には16万人の従業員を13万人まで減らす計画です。今後数年間は配当を出さない方針を発表しております。今後想定される経営状況からすると、2021年からは黒字となりそうです。

株価は2020年3月の最安値時に一時1株100ドルを切りました。その前は350ドルを超えていましたから、1/3以下という大幅下落したことになります。2021年1月15日は200ドル代ですので、戻りつつある状況です。

株価が下がると怖いですか?潰れる会社でなければugは買い時が来たと考えます。S&P500投資信託を買うという事はボーイングの株主になるということです。

参考

61位艦船技術も目を見張るロッキード・マーティン調べてみた!

スポンサーリンク


↑楽々毎日百円投資術始めるならお薦め!

↑eMAXIS SLIM米国株式(S&P500)買付可!↑

次回S&P500時価総額67位の企業です。

67位生活に欠かせないスリーエムカンパニー

「楽々毎日百円投資術」を始めたくなった人は「即、実行!」へ。

即、実行!

当ブログの最初の記事から読みたい方は「一番最初の記事に行く」へ。

一番最初の記事に行く

66位民間旅客機の世界を二分するボーイング

(投資は自己責任で)

投資リスク

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました