21夏S&P500第99位ラムリサーチ(LRCX) 半導体装置 & 検査

スポンサーリンク


楽々毎日百円投資術!

こんにちは!

ug(ゆーじ)です。

ロシアのウクライナへの侵攻をきっかけとして、世界的な株価下落が続いています。今後の進展が気になる所ではありますが、出来ることはただ一つ。楽々毎日百円投資術で粛々と安値を拾っていくことになります。将来の実りが大きく多くあることを願って。

ラムリサーチは、半導体製造におけるウェーハ製造装置の設計・製造・販売およびメンテナンスサービスを提供するアメリカの製造業です。同社のプラズマエッチング技術により、隣接する材料を変更したり損傷したりすることなく、ウェーハ表面から材料を除去することができます。

※2021年夏S&P500時価総額順位

※時価総額の順位はその時々の株価により変化します。

2021.8時点S&P500トップ100

ラムリサーチ(LRCX)

業種:半導体装置 & 検査

株価:542.39ドル(2022年2月23日終値)

時価総額:約847億ドル

近年の売上高を見てみましょう。

2019年6月期 約97億ドル

2020年6月期 約100億ドル

2021年6月期 約146億ドル

2022年6月期 約173億ドル(予想)

2023年6月期 約194億ドル(予想)

一株利益32.09770ドル、一株配当は6.00ドル/年です。配当利回りは1.1062%/年となります。自己資本比率は36.77%です。

純利益                                                           

2019年6月期 約22億ドル

2020年6月期 約23億ドル

2021年6月期 約39億ドル

2022年6月期 約46億ドル(予想)

2023年6月期 約53億ドル(予想)

2020年については、コロナ騒ぎにより売り上げ・利益共に伸びが鈍化しましたが、21年には大きな伸びを見せています。EV化が進む自動車はもちろん、インターネットを通した電化製品制御が進む中、半導体製造関連企業の伸びは疑いようがないでしょう。エッチング装置のシェアでは2020年時点で世界一となっております。

S&P500(または全米株式)投資信託を積み立てるということはラムリサーチの株主になるということです。

参考

昨年の記事です。

91位ラム・リサーチ(2021年4月16日時点)

次回、

21夏S&P500第100位デューク エナジー(DUK) 公益事業 – 電力

「楽々毎日百円投資術」を始めたくなった人は「即、実行!」へ。

即、実行!

当ブログの最初の記事から読みたい方は「一番最初の記事に行く」へ。

一番最初の記事に行く

21夏S&P500第99位ラムリサーチ(LRCX) 半導体装置 & 検査

(投資は自己責任で)

投資リスク

スポンサーリンク
30年で考える楽々毎日百円投資術で資産の土台造り。さらに余裕があれば、それとは別に短期且つ期間限定・推定利回りがわかる海外投資に資金の極一部を振り分けるのも面白い。
一万円からと少額で始められる上に短期間で答えが出る!
投資額はポイント還元でお得に!

今話題の海外投資クラウドファンディング!クラウドクレジット株式会社

コメント

タイトルとURLをコピーしました