アメリカ3大携帯キャリア、T-モバイルUS

スポンサーリンク

楽々毎日百円投資術!

こんにちは!

ug(ゆーじ)です。

2018年のアメリカ携帯電話市場におけるシェアを見てみましょう。(過去記事参照のこと)

1位 ベライゾン 33.2%

ベライゾン・コミュニケーションズ調べてみた

2位 AT&T 28.9%

世界最大級通信サービス、AT&T調べてみた!

3位 Tモバイル 16.8%

4位 スプリント 11.5%

その他 9.6%

今回取り上げる企業はこの内3位Tモバイルと4位スプリントが合併してできた企業T-モバイルUSです。両企業のシェアを併せると2018年時点で28.3%となり、2位のAT&Tに比肩するシェアとなります。アメリカ株式指標S&P500、時価総額第44位。携帯電話キャリアについて詳しく説明しても解り切った話にしかならないので、短く簡単に取り上げます。

※時価総額の順位はその時々の株価により変化します。

スポンサーリンク

T-モバイルUS(T-Mobile US Inc.)

株価116.02ドル(2020年11月4日20:00)

時価総額:約1,459億ドル

2020年4~6月期決算は売上176億ドル強(前年同期比61%増)、純利益は1億ドル強(前年同期比88%減)。合併にかかる経費で利益は減額となっておりますが、月決め・プリペイド両方式を合わせて契約数は9800万件。程なく1億件に達しようとしております。既にAT&Tを契約数で上回り業界第2位となったと同社が発表しているほどの伸びを示しています。

S&P500投資信託を買うということは、T-モバイルUSの株主になるということです。そしてもちろんベライゾン、AT&Tの株主でもあります。楽々毎日百円投資術であなたも全米を掌握する企業に投資する投資家です。

スポンサーリンク


↑楽々毎日百円投資術始めるならお薦め!

↑eMAXIS SLIM米国株式(S&P500)買付可!↑

次回はトヨタ自動車の「カイゼン」と取り入れた米国投資会社と取り上げます。

「カイゼン」で生命科学に取り組むダナハー

「楽々毎日百円投資術」を始めたくなった人は「即、実行!」へ。

即、実行!

当ブログの最初の記事から読みたい方は「一番最初の記事に行く」へ。

一番最初の記事に行く

アメリカ3大携帯キャリア、T-モバイルUS

(投資は自己責任で)

投資リスク

スポンサーリンク

コメント