高配当でも有名、アッヴィ

スポンサーリンク

楽々毎日百円投資術!

こんにちは!

ug(ゆーじ)です。

リュウマチ治療薬として世界中で売れているヒュミラを製造・販売しているのがアッヴィ(abbvie Inc.)です。2013年にアボット・ラボラトリーズ社から分社されました。

健康こそが鍵になる―アボット・ラボラトリーズ

米国株式指標S&P500、時価総額第36位、アメリカ合衆国・イリノイ州・ノース・シカゴに本社があります。新薬の研究・開発・販売を行い、世界中にグローバル展開しているバイオ医薬品企業です。

※時価総額の順位はその時々の株価により変化します。

スポンサーリンク

アッヴィ(abbvie Inc.)

株価88.32ドル(2020年10月12日20:04)

時価総額:約1,559億ドル

最初にヒュミラについて簡単に説明させていただきます。

体内にがん細胞ができると、身体に害をもたらすものとして察知、攻撃する因子が体内にはあります。腫瘍壊死因子と言って、がん細胞そのものに炎症を起こさせて、弱らせ、除去していくというシステムです。そして、その腫瘍壊死因子が間違って自分自身の関節等を異物として攻撃し始めるのがリュウマチという病気です。ヒュミラは腫瘍壊死因子をコントロールするバイオ医薬品です。同様の薬は他にもありますが、自宅での皮下注射が可能で2週間に1回で済みます。他の会社の薬は点滴での注入や週2回注射だったりするので、比較するまでもなく患者にとってありがたい薬なのです。

実はヒュミラは2016年に特許が切れていて、法律上は後発薬が出てくることを妨げることができません。ところが、特許切れ以降もヒュミラは売り上げを伸ばしています。理由はバイオ薬品であるということです。

バイオ薬品は酵母菌や大腸菌に遺伝子コードを埋め込み、遺伝子を発現させた菌を培養することで薬を生産します。本来同じ種類の酵母菌、大腸菌であっても、遺伝子は微妙に違います。しかし、医薬品を大量生産する過程においては完全に同じ遺伝子を持つ菌を培養する必要があります。つまり薬の生産以前の問題として、クローン技術を持ちえない限り生産できないのがバイオ医薬品なのです。つまり特許が切れてもジェネリック医薬品製造会社が真似のできない高い技術を持つのがアッヴィであるということです。ヒュミラはリュウマチだけでなく乾癬、潰瘍性大腸炎、クローン病、ベーチェット病などにも効果があります。

そして、アッヴィは他にもC型肝炎、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)、パーキンソン病などの治療薬も生産しております。利益を投資家に還元する高配当株企業としても有名です。

S&P500投資信託を買付するということはアッヴィの株主になるということです。

スポンサーリンク


↑楽々毎日百円投資術始めるならお薦め!

↑eMAXIS SLIM米国株式(S&P500)買付可!↑

次回は人類の最重要課題の一つ、エネルギー総合企業を取り上げます。

エクソンモービルはエクソンモービルであり続ける

「楽々毎日百円投資術」を始めたくなった人は「即、実行!」へ。

即、実行!

当ブログの最初の記事から読みたい方は「一番最初の記事に行く」へ。

一番最初の記事に行く

高配当でも有名、アッヴィ

(投資は自己責任で)

投資リスク

コメント