複利と単利、結果が違う!

楽々毎日百円投資!

こんにちは!

ug(ゆーじ)です。

元金と利息両方に利息が付くのが複利、元金にのみ利息が付くのが単利です。ここでは100円の元金が、年6%の利回りでどう増えていくのか、複利と単利で比べてみたいと思います。当たり前ですが、100円の6%は6円ですので1年目はどちらも106円になります。では表を見てみましょう。

スポンサーリンク

倍の金額になる年を見ると複利が12年目、単利が17年目ですね。ここまでで5年の差がついています。ugは投資をするならば30年くらいはやった方が良いと考えています。30年を見てみると複利が574円、単利が280円と、ここらでほぼ金額が倍となってしまいました。そして65年を見てみましょう。4,414円対490円です。グラフで見てみましょう!

青線が複利、オレンジが単利です。後半になるほど複利が描く曲線が急上昇しています。65年後の複利運用の金額は単利運用のなんと9倍です。凄いですよね。「あなたなら複利と単利とどっちにしますか?」と問われれば、ほとんどの方は複利を選ばれると思います。

今日生まれたお子さんの為に親御さんが一日100円の積立を始めたとすれば、その子が老後に突入する65歳に最初の100円は4,414円となります。つまり44倍になるということです。毎日100円投資をすると平日1年間で240回投資することになり、元金は24,000円となります。44倍は105万6千円です。では65年間百円投資をし続けるといくらになるのか?

スポンサーリンク

↑S&P500投資信託買付けるならここも有り!↑

↑eMAXIS SLIM米国株式(S&P500)扱ってます!↑

続きは次回にします。

楽々毎日百円投資術30年と65年、どう違う?

複利については他にも取り上げている記事があります。併せて読むとより理解が進むと思います。

神は時間に宿る―上

楽々毎日百円投資術を始めたくなった方は「即、実行!」へ。

即、実行!

最初の記事から読みたい方は「一番最初の記事に行く」へ。

一番最初の記事に行く

複利と単利、結果が違う!

(投資は自己責任で)

投資リスク

コメント

タイトルとURLをコピーしました