楽々毎日百円投資術30年と65年、どう違う?

楽々毎日百円投資!

こんにちは!

ug(ゆーじ)です。

子供が生まれたその年から楽々毎日百円投資術で投資信託を買い付けたら、その子が定年退職する65年後にどうなっているのかを計算してみました。税金等は考慮しておりません。日本では今つみたてNISAという利益に対する税金がかからない制度があります。現状その制度は将来終わることにはなっていますが、同様の新たな制度が始まったら利用すると良いでしょう。

尚、つみたてNISAについてはこちらの記事をお読みください。

つみたてNISA

スポンサーリンク

最初に表を見てみましょう。

これは65年間毎日100円投資した場合の想定図です。このように毎日百円分S&P500投資信託を買い付けして年率6%で運用、65年間続けると約1,800万円になります。日本の平日は年240日ですので、一年間の投資額が2万4千円です。翌年から年6%の利回りで運用、それを65年間続けての合計ということです。

毎日お小遣い程度の金額を全部ネット証券会社任せで買い付けるだけでこの金額まで到達します。これからお子様が生まれてくる親御さんはぜひ参考になさってくださいね。

65年間なんて無理だよとおっしゃる方の為に30年間楽々毎日百円投資術を続けた場合の結果も表にしました。

30年間でおおよそ2百万円です。これもたいした金額ではありますが、65年に比べると少なく感じますね。30年は65年の46%の期間です。対して30年で到達できる資産の額は65年のわずかに11%です。これが複利の力です。投資期間が長ければ長い程複利の力で資産の上昇速度は速くなります。もちろん30年だからダメというのではなく、一日の買付金を500円にするなどの対策をとるだけのことです。ですが、時間を味方につければより容易に資産を増やせるのは間違いない事実です。ある有名な物理学者は複利の力を「神の力」と表現なさいました。さもありなん。

本当に年に6%で運用できるのか?

このような疑問を持つのは当然ですね。正直わかりません。調べたところ、1973年から2018年までのS&P500の利回りは年平均約7.1%でした。6%より高くなっていますね。

これからの人生で今日があなたにとって一番若い日です。楽々毎日百円投資を始めて神様の力使ってしまいましょう。

スポンサーリンク

↑S&P500投資信託買付けるならここも有り!↑

↑eMAXIS SLIM米国株式(S&P500)扱ってます!↑

複利については他にも取り上げている記事があります。併せて読むとより理解が進むと思います。

神は時間に宿る―上

次回はこの記事ででた額を元に少額投資について考えます。

少額投資で充分!

楽々毎日百円投資術を始めたくなった方は「即、実行!」へ。

即、実行!

最初の記事から読みたい方は「一番最初の記事に行く」へ。

一番最初の記事に行く

楽々毎日百円投資術30年と65年、どう違う?

(投資は自己責任で)

投資リスク

コメント