55位ロウズ調べてみた!

スポンサーリンク

楽々毎日百円投資術!

こんにちは!

ug(ゆーじ)です。

ロウズは北米を中心にホームセンターを店舗展開する企業です。S&P500時価総額第15位のホームデポに次いで業界第2位です。そもそも小型店舗だったものが、ホームデポが大型店舗で売り上げを伸ばすのをみて、同様に大型店舗展開するようになりました。

なんと1960年代初頭から連続して配当、しかも50年以上連続増配の記録を持つ配当の王様です。日本のおかしな経済運営と違い、経済が拡大し続けているアメリカとはいえ、これは凄い!

創業は1921年と100年程の歴史があります。米国、カナダ、メキシコで2,300に及ぶ店舗を展開。米国ノースカロライナ州ムーアズビルに本社をおく家庭用部材・家電を主に扱う小売企業、それがロウズです。

※時価総額の順位はその時々の株価により変化します。

スポンサーリンク

ロウズカンパニーズ(Lowe’s Companies, Inc.)

株価:163.20ドル(2020年12月18日16:10)

時価総額:約1,196億ドル

アメリカは広大な土地に少ない人口から始まった国なので、家が壊れれば自分で直すのが当たり前の国なのですね。家でも車でも自分で修理してしまう北米において、このようなホームセンターは欠かせません。必要とされて大きくなった企業と言えます。扱う商品は家電、照明器具、収納用品、塗料、板材、金物類、工具、住宅設備機器、芝刈り機、園芸用品、草花・苗木、キッチンキャビネット他。もちろんプロが扱う電気配線製品、ドア、窓、壁材等も販売しています。設置サービスももちろん手掛けております。

近年の売上高を見てみましょう。

2018年2月期 約686億ドル

2019年2月期 約713億ドル

2020年1月期 約721億ドル

2021年1月期 約883億ドル(予想)

2022年1月期 約849億ドル(予想)

2021年、2022年は予想値ですが、今のところ達成可能な決算内容で推移しています。日本では2020年景気が落ち込み、ほとんど全てのサービスにおいて売り上げ減が見られます。対してアメリカのこの企業は2020年夏時点でも売り上げを伸ばしております。国民性の違いを見せつけられる思いです。

2019年一株利益7ドル08.25セント、一株配当(年間)は2ドル40セントです。配当性向は3割を少し超える程度なので、今後も現在と同程度の配当は維持していくものと思われます。配当利回りは約1.47%とS&P500の平均利回り1.59%より少し低いです。自己資本比率7.59%と借入金が多いのが気になるところです。とは言え、やみくもに店舗を増やすような企業ではありません。2009年にオーストラリアの同業種企業、2011年にネット販売企業を買収。店舗における直接販売以外の販売網構築にも力を入れています。

S&P500投資信託を買付するということはロウズの株主になるということです。

スポンサーリンク


↑楽々毎日百円投資術始めるならお薦め!

↑eMAXIS SLIM米国株式(S&P500)買付可!↑

次回S&P500時価総額56位の企業です。

56位チャーター・コミュニケーションズ調べてみた!

「楽々毎日百円投資術」を始めたくなった人は「即、実行!」へ。

即、実行!

当ブログの最初の記事から読みたい方は「一番最初の記事に行く」へ。

一番最初の記事に行く

55位ロウズ調べてみた!

(投資は自己責任で)

投資リスク

スポンサーリンク

コメント