ワクチンへの道

楽々毎日百円投資!

こんにちは!

ug(ゆーじ)です。

この企業の日本法人のホームページ見ておいた方が良いのではないでしょうか。

ジョンソン・エンド・ジョンソン 

「ワクチンへの道」と銘打って、2020年最大の話題、新型コロナウイルスに企業としてどう取り組んでいるのかを特集しています。

S&P500トップ10企業特集(ジョンソン・エンド・ジョンソン)

スポンサーリンク

ジョンソン・エンド・ジョンソンは滅菌の概念を製品に導入した世界最初の企業です。設立は1886年と1世紀を遥かに超える歴史ある企業です。ジョンソン・エンド・ジョンソンの名前を知らない方はいたとしても「バンドエイド」を使ったことが無い方はいないのではないでしょうか。「バンドエイド」はジョンソン・エンド・ジョンソンの登録商標です。

設立時の社員14名中、8名が女性であったとホームページに書かれています。女性の清潔意識の高さが企業として重要だということですね。滅菌済の縫合糸・手術用ドレッシング、包帯を大量生産し、全米の病院で患者の命を筑うことを志としてできた企業なのです。

世界的な医療・ヘルスケア企業として、日本人の生活にも深く浸透しています。バンドエイドはもちろん、ジョンソン・ベビーパウダーにはugも子供の頃とてもお世話になりました。企業としての歴史を見ると、現場(医師・看護師)からの提案に真摯に向き合う姿勢がひしひしと伝わってきます。

企業存続の危機にも遭遇しています。1982年のアメリカ・シカゴで、第三者がジョンソン・エンド・ジョンソンの製品に毒物を混入するという事件が起こりました。同社はすぐさま全米から当該製品を回収し、異物を混入できない構造に改良しました。費用は当時で推定1億ドルともいわれています。この危機管理意識の高さが、ジョンソン・エンド・ジョンソンの製品が100年を超えて使われ続ける大きな要因と言えるでしょう。日本では問題が起こった時に社員に責任を押し付けて逃げる経営者が話題になったりしますが、そういう会社の方々にはぜひこの会社を見習っていただきたいですね。

医療・ヘルスケアの進歩は過去から未来までジョンソン・エンド・ジョンソンの肩にかかっていると言ってもあながち嘘ではないでしょう。

株価・時価総額を見てみましょう。

2020年8月7日20:04時点

株価148.60ドル

時価総額391,237,568千ドル

約3900億ドル、日本円にして約41兆円(1ドル=105.9円計算)の企業価値ということになりますね。こうやって調べていると、この会社の株買いたくなりますね。あ、持ってるのでした。S&P500投資信託を毎日100円買い付けていますからね。(^^)

もしS&P500投資信託を今日あなたが100円分買い付けたとすれば、その内の1.4円ほどはジョンソン・エンド・ジョンソンに投資されます。つまりS&P500投資信託を買い付けるということはジョンソン・エンド・ジョンソンの株を買うということでもあるのです。

楽々毎日百円投資術でS&P500投資信託を買い始めたその日から、あなたもジョンソン・エンド・ジョンソンに投資し、医療・ヘルスケアの進歩にかける株主の仲間入りです。

スポンサーリンク

↑S&P500投資信託買付けるならここも有り!↑

↑eMAXIS SLIM米国株式(S&P500)扱ってます!↑

次回は投資の神様の会社です。

S&P500トップ10企業特集(バークシャー・ハサウェイ )

楽々毎日百円投資術を始めたくなったら「即、実行!」へ。

即、実行!

始めの記事から読みたくなったら「一番最初の記事に行く」へ。

一番最初の記事に行く

ワクチンへの道

(投資は自己責任で)

投資リスク

コメント

タイトルとURLをコピーしました