21夏S&P500第11位ジョンソン・エンド・ジョンソン

スポンサーリンク

楽々毎日百円投資術!

こんにちは!

ug(ゆーじ)です。

例えば、乾癬・クローン病・潰瘍性大腸炎用分子標的治療薬である「ステラーラ」、抗がん剤「イムブルビカ」そして、手術用抗菌縫合糸、自動縫合器やカテーテル等の高度医薬品と機器を研究・製造・販売しております。ザイール型では10人の内9人、スーダン型では感染者の2人に1人が死亡するという桁違いに危険な熱性疾患であるエボラ出血熱に対してもワクチン研究を継続して、いつ発生しても対処できるように準備を怠らない企業です。研究施設は米国、ベルギー、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、イスラエル、日本、オランダ、シンガポール、スイス、英国と14か国にあります。そして、私達日本人にとって最も身近な商品が「バンドエイド」です。つまり、医療現場から家庭で起こる擦り傷・切り傷まで幅広くカバーする医療テクノロジー企業ということになります。

※2021年夏S&P500時価総額順位

2021.8時点S&P500トップ100

スポンサーリンク

 

ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)

業種:医薬品

株価:164.86ドル(2021年9月23日終値)

時価総額:約4,315億ドル

近年の売上高を見てみましょう。

2018年12月期 約816億ドル

2019年12月期 約821億ドル

2020年12月期 約826億ドル

2021年12月期 約944億ドル(予想)

2022年12月期 約978億ドル(予想)

一株利益6.65080ドル、一株配当(年間)は4.240ドルです。配当利回りは2.5719%/年となります。自己資本比率は36.90 %です。

なんと50年以上に渡って増配し続ける配当キングのような企業です。現状の配当利回りは約2.5%程度ですが、売り上げの伸びを見てわかるように、会社の利益は今後も伸びていきそうです。つまり、増配もまた継続されそうな雰囲気を持っており、手に入れた株の利回りは上がり続ける可能性があるということです。

S&P500(または全米株式)投資信託を積み立てるということはジョンソン・エンド・ジョンソンの株主になるということです。

参考記事

昨年同期調べのデータによる記事です。

ワクチンへの道

※時価総額の順位はその時々の株価により変化します。

次回は

21夏S&P500第12位JPモルガン チェース

「楽々毎日百円投資術」を始めたくなった人は「即、実行!」へ。

即、実行!

当ブログの最初の記事から読みたい方は「一番最初の記事に行く」へ。

一番最初の記事に行く

21夏S&P500第11位ジョンソン・エンド・ジョンソン

(投資は自己責任で)

投資リスク

コメント

タイトルとURLをコピーしました