始まりは航空機の倉庫

スポンサーリンク

楽々毎日百円投資術!

こんにちは!

ug(ゆーじ)です。

航空機の倉庫から出発した企業。今回も日本人にもなじみのある企業、会員制倉庫型卸売・小売り業のコストコを取り上げます。アメリカ合衆国ワシントン州イサクアに本社があります。米国株式指標S&P500、時価総額第39位です。

※時価総額の順位はその時々の株価により変化します。

スポンサーリンク

コストコ・ホールセール・コーポレーション(Costco Wholesale Corporation)

株価381.54ドル(2020年10月16日20:00)

時価総額:約1,683億ドル

当初の名前はプライスクラブで、1976年カリフォルニア州サンディエゴで創業しました。コストコという名前のお店は1983年ワシントン州シアトルからです。数年間両方の名前で運営が続けられて、1993年にプライス・コストコそして、1997年にコストコカンパニーとなりました。そして1999年にコストコ・ホールセール・コーポレーション(Costco Wholesale Corporation)という現在の名前になってナスダックに上場を果たすのでした。それから20年で時価総額40位以内ですから、やはり時代が求めた業態だと言えそうですね。

元々は小売業者への卸売りが主体でしたが、現在は個人向け販売についても力を入れています。年会費を設定することでランニングコストを確保し、安定的な運営を目指しています。そして、品質の高い商品をなるだけ低い価格設定で販売することに努めています。

扱っている商品は、肉、野菜、パン、ドライフーズ・パッケージ食品、スナック食品、アルコール飲料とノンアルコール飲料等食料品、清掃用品等の雑貨、家電製品、健康美容関係、インテリア&エクステリア、服飾品、店舗内店舗としてガソリンスタンドと薬局、他様々なものが手に入ります。

コストコ・ジャパンホームページから2020年8月現在の倉庫店数をご紹介します。

  • 日本 27店
  • アメリカ合衆国&プエルトルコ 552倉庫店
  • カナダ 101店
  • メキシコ 39店
  • イギリス 29店
  • 韓国 16店
  • 台湾 13店
  • オーストラリア 12店
  • スペイン 3店
  • フランス 1店
  • アイスランド 1店
  • 中国 1店

世界合計 795店

会員数は1億人を超え(2020年5月現在)、従業員数も世界で24万人を超えています。(2020年9月現在)

企業というのは営業と従業員給与両面で経済に貢献しております。小売業という多くの従業員が必要な形態で拡大していくコストコを応援していきたいですね。

S&P500投資信託を買付するということはコストコの株主になるということです。

スポンサーリンク


↑楽々毎日百円投資術始めるならお薦め!

↑eMAXIS SLIM米国株式(S&P500)買付可!↑

次回は投資先を絞ることにしたのでその件についてお話しします。

セゾン投信卒業

次に取り上げる企業は物を持たないコンサルティング業です。

コンサルティングのアクセンチュア

「楽々毎日百円投資術」を始めたくなった人は「即、実行!」へ。

即、実行!

当ブログの最初の記事から読みたい方は「一番最初の記事に行く」へ。

一番最初の記事に行く

始まりは航空機の倉庫

(投資は自己責任で)

投資リスク

コメント