開いておきたい証券口座No.1!-松井証券

スポンサーリンク


楽々毎日百円投資術!

こんにちは!

ug(ゆーじ)です。

楽々毎日百円投資術をこれから始めるにせよ、既に始めているにせよ、開いておきたい証券口座、それは松井証券の口座です。既に別会社の口座をお持ちの方でも、

松井証券なら運営管理手数料0円

なのでもう一つ口座を持たれることをオススメします。

なぜオススメ?

1つ、

2022年3月26日(土)からスマートフォンでの口座開設に「eKYC」が導入。これにより、即日開設・即日取引ができるようになるんですね。これは凄い!(^^)

  • 「eKYC」とは、オンライン上で本人確認の手続きが完結する仕組みのことです。要、「運転免許証」「住民基本台帳カード」「マイナンバーカード」、日本国籍の成人とのこと。
  • 「eKYC」を利用できる媒体はスマートフォンのみ。
  • 当社休業日を除くとあることから、実質的にサービスが向上するのは3月28日(月)からと思われます。申込事項や画像に不備等がないことが、即日開設・取引の条件のようです。

もう1つ

◆松井証券◆
の魅力とは?

「それは小さいことなんです」

は?小さいことが魅力?

はい。(^^)↓

ugはSBI証券と楽天証券にも口座を開いていて、それぞれ目的別に分けて運用しています。

SBI証券ならば、同社でしか買えないSBI投資信託購入。それに株式売買手数料が1日当たり100万円まで無料にできるので、10万円から30万円程度までの株についてはここで売り買いしています。

楽天証券の場合は、ポイント還元率の高さが魅力なので、カード一括で支払う(月一購入商品等)ような投資商品を買う場合ですね。

ここまでが同業他社の利点。そして実は、大きい会社ならではの「圧」を時々感じてしまうのです。(^^;

SBI証券や楽天証券は、独自の投資信託を商品として販売しています。それゆえに、同様の他社商品より信託報酬(手数料)が高かったり構成内容に今一つ魅力がなかったりしても、自社商品を推奨する傾向があるような気がします(あくまでもugの主観です)

対して、松井証券は独自の投資信託を持っていません。ですから、全ての商品が同列に扱われるんですね。つまり、「営業文句に惑わされてよくわからないまま商品を買ってしまう」ような、残念なことがないんですね。これ、有難いです。(^^)

自分自身の価値観でじっくり投資商品を選べます。

ugは、楽々毎日百円投資術として投資信託を毎日買っていますが、10種類買っている投資信託の内5つは、三菱UFJ国際投信のeMAXIS Slimのシリーズ、残りの5つはSBI証券のSBI(V、雪だるま)シリーズとなります。そして今の感じでは、新NISAの始まる2024年にはeMAXIS Slimシリーズに一本化する可能性大なのです。なぜなら同シリーズは、運用される純資産が増えるほどに信託報酬(年間運用手数料)が減額されることが目論見書に謳われているからです。現在のところ、一部銘柄についてはSBI証券のシリーズの方が安い信託報酬のものもありますが、将来的には概ねeMAXIS Slimシリーズの方に軍配が上がるようになる可能性があります。というより、現段階でもeMAXIS Slimシリーズは日本で売られている投資信託の中で抜群に信託報酬が安く、今後更に減額されるのであれば、買わない手は無いんですね。(^^)

そしてもちろん、eMAXIS Slimシリーズの積立は松井証券で一日百円から(正に楽々毎日百円投資術!)積立できますよ。(^^)

そんな訳で、今現在他社の口座で取引している人は、2022年3月最終週になったら松井証券で口座を開きませんか!もちろん、これから楽々毎日百円投資術を始める方は、

◆松井証券◆
 ↑一押しです!

将来、株式売買することになった時も、松井証券なら一日当たり50万円分まで売買手数料無料という特典も活用できますね。10万円以下の株を買う口座として必要充分条件クリアです。(^^)


次回は、新たに始めた投資信託ご紹介

信託報酬最安!「SOMPO123 先進国株式」応援します!

「楽々毎日百円投資術」を始めたくなった人は「即、実行!」へ。

即、実行!

当ブログの最初の記事から読みたい方は「一番最初の記事に行く」へ。

一番最初の記事に行く

開いておきたい証券口座No.1!-松井証券

(投資は自己責任で)

投資リスク

スポンサーリンク
30年で考える楽々毎日百円投資術で資産の土台造り。さらに余裕があれば、それとは別に短期且つ期間限定・推定利回りがわかる海外投資に資金の極一部を振り分けるのも面白い。
一万円からと少額で始められる上に短期間で答えが出る!
投資額はポイント還元でお得に!

今話題の海外投資クラウドファンディング!クラウドクレジット株式会社

コメント

タイトルとURLをコピーしました