21夏S&P500第71位アムジェン(AMGN) 医薬品

スポンサーリンク

楽々毎日百円投資術!

こんにちは!

ug(ゆーじ)です。

2022年初、米ドルと円の為替はドル高円安の115円台という円安傾向から始まりました。米国株インデックス投資信託を投資主体として海外株式投資信託を第一に考えている楽々毎日百円投資術としても、為替の変動は収益に直結します。円安になるということは、既に投資した分については、円換算で増えますが、同じ金額で買付けられる口数が減るというマイナス要素でもあります。現在、海外の投資家が日本の経済政策に対してNoと考えています。それゆえに、保有していた資産を売ることで株の値段がまず下がります。すると25%を日本株で運用している年金基金が減りますから、年金運用が難しくなります。そして、日本株式を売って得た円をドルやヨーロッパ通貨に交換することで、円が安くなり、円で買える物が減ってしまうという悪循環を招きます。政府におかれましては、日本の国益になる政策をお願いしたいものですね。

今回のアムジェンは、アメリカの多国籍医薬品会社にして世界最大の独立系バイオテクノロジー企業です。心血管疾患、腫瘍学、骨の健康、神経科学、腎臓病、炎症の6つの治療分野を中心として難病治療薬の発見、開発、製造、販売事業を世界で展開しています。

※2021年夏S&P500時価総額順位

※時価総額の順位はその時々の株価により変化します。

2021.8時点S&P500トップ100

アムジェン(AMGN)

業種:医薬品

株価:224.97ドル(2021年12月30日終値)

時価総額:約1,272億ドル

近年の売上高を見てみましょう。

2018年12月期 約237億ドル

2019年12月期 約234億ドル

2020年12月期 約254億ドル

2021年12月期 約260億ドル(予想)

2022年12月期 約271億ドル(予想)

一株利益9.70930ドル、一株配当は7.76ドル/年です。配当利回りは3.4265%/年となります。自己資本比率は15.55%です。

純利益

2018年12月期 約84億ドル

2019年12月期 約78億ドル

2020年12月期 約73億ドル

2021年12月期 約58億ドル(予想)

2022年12月期 約75億ドル(予想)

売り上げは概ね順調に伸びているものの、2019年から3年に渡る純利益減少となっております。医薬品開発に絡むライセンス費用や価格競争が原因のようです。例を挙げるとリウマチ治療薬が売り上げ減、骨粗鬆症治療薬は特に「EVENITY」が前年1.5倍の売り上げ、高コレステロール血症治療薬が売り上げ増と、利益が上がる医薬品と下がる医薬品が見られます。他社が手を出し辛い難病薬を開発するという事は、誰も手を貸さない患者さんに手を差し伸べることでもあるのかもしれません。投資家がアムジェンの株を買うことで同社の時価総額が増えれば、研究開発にかけられるお金も増えることになります。それは、治療法がなかった病気の研究が進み、治療薬発見・開発への道筋に光が当たることと言っても過言ではないでしょう。そして、遺伝学の技術を元に医薬品を開発しているということは、アムジェンが新薬を完成させる、イコール、医学・遺伝学の進歩ということです。

S&P500(または全米株式)投資信託を積み立てるということはアムジェンの株主になるということです。

参考記事

昨年同時期調べのデータについての記事です。

世界最大の独立系バイオテクノロジー「アムジェン」

次回

21夏S&P500第72位レイセオン テクノロジーズ(RTX) 航空宇宙 & 防衛

「楽々毎日百円投資術」を始めたくなった人は「即、実行!」へ。

即、実行!

当ブログの最初の記事から読みたい方は「一番最初の記事に行く」へ。

一番最初の記事に行く

21夏S&P500第71位アムジェン(AMGN) 医薬品

(投資は自己責任で)

投資リスク

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました