すかいらーく株主優待改●

スポンサーリンク

楽々毎日百円投資!

こんにちは!

ug(ゆーじ)です。

今回はファミリーレストラン「ガスト」でおなじみ、すかいらーくホールディングスの優待改定について取り上げます。

新型コロナ騒ぎで売り上げ減、大変な状況の外食産業を応援しておりましたが、2020年9月にすかいらーくホールディングスが優待を減らすと発表しましたのでお知らせいたします。大変残念です。新型コロナウイルスについて大騒ぎしている方々は統計からわかる以下の点について理解して、これ以上の騒ぎを起こさないようにお願い致します。

  • インフルエンザと比べて、死者数も重篤患者も少ない。
  • インフルエンザと比べて、お年寄りが無くなる率も少ない。
  • インフルエンザと違い、子供が亡くなることがほぼない。
  • ウイルスの力関係により、インフルエンザ感染患者激減。

因って、日本の平均寿命は新型コロナウイルス蔓延前に比べ伸びると予想される。

スポンサーリンク

※2020年9月改定発表時点での優待情報です。変更される場合があるので、株式を購入する前に会社の優待情報を必ずご確認ください。

すかいらーくホールディングス(3197)

株価1,501円(2020年9月25日午後3時時点)

2020年7月20日、優待改定前の優待利回りが非常に良かった時の株価は以下となります。尚、改定前後での株価に極端な動きがみられないのは、現株式保有者の多く未だこの改定について知らないでいることが原因と思われます。今後の株価の動きについては注意が必要です。

株価1,635円(2020年7月20日午後3時時点)

優待改定前

優待改定後

改定前後の優待金額比較

  • 100株保有での優待利回り約2.66%
  • 300株保有での優待利回り約2.22%
  • 500株保有での優待利回り約2.13%
  • 1,000株保有での優待利回り約2.27%

これを見てお解りいただきると思いますが、単純に金額が下がるだけではありません。細かくと見ると株式保有数を増やす意欲を持てなくなる改定となっております。

1,000株保有で若干持ち直すものの、今回の改定により保有株数が増えると優待利回りが減ることになりました。これはほとんどの優待銘柄で見られるものなので、すかいらーくホールディングスを責めることはできません。ですが、改定前は保有数を増やすに連れ優待利回りが増える最高の優待株だっただけに非常に残念です。事業継続の為の苦肉の策であるため、株主としては涙をのんで我慢するしかないですね。とは言え。優待利回りは2%台になりましたが、それでも銀行預金等に比べれば高い利回りであり続けていることは間違いありません。改定前の優待情報をご参照いただけるようにしてあります。この記事を見つつ、つい先頃までの素晴らしい優待に戻る日を待ち望みたいと思います。

※過去記事参照のこと。

株主様ご優待カード(すかいらーくホールディングス)

今現在政治家やマスコミの偏った報道で、過剰なまでに外食を自粛する状況が日本において蔓延しております。すかいらーくホールディングス経営者及び働く皆様には、この状況を耐え忍んでいただきたいものですね。

いずれ「なぜあのように怖がっていたのか?」と国民全体が振り返り反省、そして落ち込んだ経済が復活する日が来ることを心待ちにしております。

スポンサーリンク

↑楽々毎日百円投資術始めるならお薦め!

↑eMAXIS SLIM米国株式(S&P500)買付可!↑

楽々毎日百円投資術を始めたい方は「即、実行!」へ。

即、実行!

どんな投資術なのか最初の記事から読みたい方は「一番最初の記事に行く」へ。

一番最初の記事に行く

※写真はガストのお料理とデザートです。株主様ご優待カードを利用すればお得感が増しますね。

すかいらーく株主優待改●

(投資は自己責任で)

投資リスク

コメント

タイトルとURLをコピーしました