ネット証券口座申し込み手順(例、松井証券)

ネット証券口座申し込み手順(例、松井証券)

楽々毎日百円投資!

こんにちは!

ug(ゆーじ)です。

ネット証券口座の申し込み手順を説明しますね。

今回、松井証券のホームページを例にとって説明させていただきます。本当はホームページ画像を使って説明したいのですが、権利関係で問題が発生するのが心配なので言葉だけで説明させていただきます。ご了承お願い致します。m(_ _)m

尚、書類のやり取りが必要なネット証券会社が多い中、松井証券はホームページからの申し込みで開設作業を完結でき、最短4日で開設できます。出来るだけ早く投資を始めたい方にお勧めのネット証券会社です!(^^)もちろん、投資信託買付手数料無料、一日50万円までの株式売買手数料も無料です。

予め用意するべきものとして、個人番号カードかマイナンバー通知カード、または住民票(マイナンバー付き)があります。それぞれ、表と裏の写真をデジカメかスマホで撮影して、保存しておくと良いでしょう。

では、手順説明に入ります。

1.「松井証券」を検索してホームページへ行き、「新規口座開設はこちら」をクリックします。

2.個人口座開設(STEP1:お申込み方法の選択)というページに到着、「オンラインで申し込む」をクリックします。

3.個人口座開設(STEP2:個人情報入力)ページに到着。ご本人様情報、住所、連絡先等を入力します。レ点をつける項目もあります。全て入力し終えたら「次の画面に進む(STEP3)」をクリックして、次のページに向かいます。

4.個人口座開設(STEP3:職業・内部情報入力)ページにて、各項目を入力します。

※内部情報入力という項目があります。これは、株式上場企業の中にいて社内情報を基に有利に株式取引をする、いわゆるインサイダー取引を防ぐために必要な項目です。職業・勤務先情報を入力します。上場企業に勤めている場合は内部者登録も必要なのでご注意を。上場企業勤務でなければ内部者に該当しないで大丈夫です。投資法人勤務の場合も申告が必要です。

何かの折の連絡先として連絡先優先順位を付けます。直接本人にかけていただいた方が良いので、1で携帯を選び2、3は無しが良いと思います。ここまで入力したら「次の画面に進む(STEP4)をクリックします。

5.個人口座開設(STEP4:お取引情報の入力)ページ到着したら、入金先銀行を選びます。

  • みずほ
  • 三菱UFJ
  • 三井住友
  • りそな

この銀行の中から選んでください。改めて口座を作ったり登録する必要はありません。松井証券指定の口座にあなた様名義の銀行口座から振り込むとしっかりとあなた様ご自身の取引口座に入金されます。続いて特定口座利用の有無について選択します。

  • 源泉徴収ありで開設する(原則、確定申告が不要)
  • 源泉徴収なしで開設する(確定申告が必要)
  • 開設しない(ご自身で損益を計算し、確定申告が必要)

この三つからの選択ですが、確定申告の手間を省きたいなら「源泉徴収あり」を選ぶのが良いでしょう。

続いて投資方針、投資目的も入力します。投資資金の内容は「余裕資金」を選ぶと良いでしょう。投資はあくまで余裕資産で!これが楽々毎日百円投資術のモットーです!

続いて投資経験、口座開設の動機を入力します。

注意、同時口座開設のお申込み(無料)として下記の申し込みを即されます。

  • 信用取引口座
  • 先物・オプション取引口座
  • FX口座(外国為替証拠金取引口座)

初めて投資を経験する方は、とりあえず希望しなくて良いと思います。どうしてやりたい場合は後々申し込みできますから心配しなくても大丈夫です。同時開設をご希望の方はくれぐれも「投資は自己責任で」をお忘れなく。ここまででこのページは終わりです。「つぎの画面に進む(STEP5)」をクリックしましょう。

6.「個人口座開設(STEP5:入力情報の確認)」ページに到着。ここでは、これまで入力してきた個人情報に間違いがないかどうか確認しましょう。問題なければ「次の画面に進む(STEP6)」をクリックします。

7.個人口座開設(STEP6:本人確認書類のアップロード)ページに到着します。アップロードする書類は、下記から選びます。

  • マイナンバー通知カード
  • 個人番号カード
  • 住民票(マイナンバー付き)

住民票をわざわざ作っても3か月くらいしか使えませんから、どうせ作るなら個人番号カードですね。ただし、申し込んでから手元に届くまで2週間くらいかかるので早めの手配が必要です。この申し込みの為に上記の書類を用意する必要があるわけですね。

予め、デジタル画像を用意しておくと、慌てずに済みます。尚、通知カード、個人番号カードは表裏面の画像が必要となります。三つの中なら選択するとアップロード画面が出ます。

「表面(1枚目)をアップロードする」をクリック。PCフォルダの表示から、予め用意しておいた書類の表画像を選択します。「裏面(2枚目)をアップロードする」をクリック。フォルダの表示から、裏面画像を選択します。

各項目に同意する。

  • 「松井証券取引規定等への同意を確認のうえ、同意する」
  • 「共通報告基準に係る届出を確認のうえ、同意する」

上記二つの項目の後ろに□があります。クリックしてレ点を入れたら「口座開設を申込む」をクリックします。

8.個人口座開設(STEP7:お手続き完了)のページに到着します。

「口座開設のお申込みを受け付けました。お申込みいただきありがとうございました。」この文章と共に、「お申込み番号」が表示されます。何かあった時のためにお申込み番号を必ず控えておきましょう!

以上で完了です。

ここまでの手順、大変だったと思います。ただ、これまでネットを通して何かを申し込んだことの無かった方は、ある種の自信を持たれるのではないでしょうか。それに、投資信託定期・定額買付や株式売買の申し込みは、口座開設手続きに比べるととても簡単なのでご安心くださいね。あとは、証券会社からメールが来るのを数日待って、いよいよ、投資家デビュー!

今日からあなたもInvestor(投資家)の仲間入りです!

スポンサーリンク

この記事では口座開設方法がよくわからなかった方は、全ての項目について解説がついている下記記事を参照してくださいね。

ネット証券口座申し込み手順ー前半

途中まではできたという方は後半からどうぞ。

ネット証券口座申し込み手順ー後半

次回はお薦め投資信託(国内株式編)です。

お薦め投資信託(国内株式編)

ブログ記事を最初から読みたい方は「一番最初の記事に行く」へ。

一番最初の記事に行く

ネット証券口座申し込み手順(例、松井証券)

(投資は自己責任で)

投資リスク

コメント

タイトルとURLをコピーしました