楽天証券の投資信託(先進国株式)

スポンサーリンク

楽々毎日百円投資術!

こんにちは!

ug(ゆーじ)です。

日本を除く先進国株式に投資の投資信託二つのご紹介。通貨価値崩壊リスクのある新興国に投資しない分、安心感のある先進国投資ですね。

どちらもMSCIコクサイ・インデックス連動を目指し信託報酬も同じなので、外国株式・先進国株式と名称の違いがあるものの運用成績は原則同じです。

スポンサーリンク

2020年4月現在、銀行系は国債ゼロ金利で収入確保が難しい環境にあるので生保資産を母体とするニッセイアセットマネジメントの方がやや安心かな。純資産額も一千億円超えているしね。とは言え、どんな機関投資家もハイイールド(利回りの高い、つまりより返済不能に陥りやすい)社債を購入している可能性があるので、全てにおいて安心な投資先はないというのも「不都合な真実」です。三菱UFJ銀行にしろ、日本生命にしろ、万が一潰れたら規模が大きすぎて日本全体が機能不全に陥りますから、日本に住む身としては一蓮托生といつも考えています。

ugにとっては先進国株式投資信託は、米国株S&P500投資信託の次に買いたい投資信託ですね。為替ヘッジを行わないので外国株投資の場合は円高の時期に売らないように注意しましょうね。

2020年4月14日時点データ

ニッセイ外国株式インデックス

純資産額1,478億円

信託報酬等0.1023%

運用会社:ニッセイアセットマネジメント

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

純資産額816億円

信託報酬等0.1023%

運用会社:三菱UFJ国際投信

スポンサーリンク

次回、楽天証券の投資信託(米国株式)

楽天証券の投資信託(米国株式)

「楽々毎日百円投資術」を始めたくなった人は「即、実行!」へ。

長い文章読みたい方は「一番最初の記事に行く」へ。

楽天証券の投資信託(先進国株式)

(投資は自己責任で)

投資リスク

コメント

タイトルとURLをコピーしました