松井証券なら始め方簡単!

松井証券なら始め方簡単!

楽々毎日百円投資!

こんにちは!

ug(ゆーじ)です。

色々試している中で、インターネットのシステムに慣れていない人でも投資を始めやすいのが松井証券のように感じます。最近当ブログでも松井証券の広告を掲載できるようになりました。自信をもって紹介できる会社の広告を掲載できるのはとても嬉しいです。今回は松井証券ホームページで投資信託積立を始める方法をご説明します。

スポンサーリンク

最初に松井証券ログインページに行きます。全部で四つ項目がある中の左下「投資信託」をクリックしましょう。すると投資信託のログインページに飛びます。IDとパスワードを入力してログインしましょう。

ログインしたら最上部深緑で囲われている項目の中で、左から2番目の「投信取引」をクリック、取扱投信一覧を選択します。

表示された一覧の左側に項目があります。投資手法の中で「インデックス」「つみたてNISA」「積立可能」にレ点を入れます。投資信託の一覧から該当する商品が絞り込まれました。次に一覧の上に表示されている項目の中で「信託報酬」の▽をクリックして「昇順」を選びます。信託報酬が安い商品から順に表示されます。

2020年8月20日現在は下記の商品が最上位表示されています。今回はこの投資信託を例に説明していきます。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500

この商品はこの時点で純資産1,405.8億円 信託報酬0.0968%です。三菱UFJ国際投信が運用会社となります。この段階で私の知りたいことのかなりの部分がわかります。松井証券のシステムは素晴らしいです。eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は純資産、信託報酬ともに申し分ありません。

次に商品の名前をクリックして詳細ページに飛びます。現在の基準価額(いくらで買えるのか)、これまでの基準価額推移などがわかりやすく表示されます。

分析データの「トータルリターン」を見るとこれまでの利益がわかります。他の項目はそれほど重要ではないので徐々に調べて憶えていけば良いでしょう。

次に資産構成を見るとどこにどんな割合で投資されているのかがわかります。この商品は米国株式指数S&P500と同じ動きを目指して運用されているので、国別投資先は米国のみです。米国を代表する500社の株式で運用されていると考えればわかりやすいでしょう。具体的にどのような企業に投資しているかもここを見ればわかります。

組み入れ銘柄上位

MICROSOFT CORP 5.30%

APPLE INC 5.10%

AMAZON.COM INC 3.80%

皆さんもご存じの世界的企業が並んでいますね。

最後に取引情報を見ます。ここで必ず確認が必要なのが償還日です。この商品では無期限となっています。数年以内に償還となる商品は損をしている時に償還を迎える可能性があるので避けた方が無難です。尚、無期限の商品でも純資産が少なく、経営的に成り立たない場合は途中償還となる場合があります。純資産を見て、経営側に利益が出やすい規模かどうかを予め確認しておくと安心ですね。基本的に3桁(100億円以上)、どうしても買いたい魅力的な投資信託であっても純資産30億円未満なら、様子を見ておいた方が良いでしょう。

このように各商品について投資内容を比較して、自分が投資したい商品を絞り込んでいきましょう。米国、先進国、日本、全世界、新興国など色々な投資先があるので一番気に入るものを探します。これだというものが決まったら一覧ページに戻り、右側にある「積立」をクリックします。

積立条件入力のページに行きます。

上から順に選択や入力をしていきます。

  • 口座区分「特定」「一般」(特定を選ぶと良いでしょう)
  • 積立金額(1回あたりの金額を入力)
  • 分配金コース「再投資」「受取」(複利で運用したいので「再投資」を選びます)
  • 積立日「毎月」「毎週」「毎日」(お好きなものを選んでください。「毎月」の場合は積立日を選択、「毎週」の場合は積立曜日の選択をする必要があります)

ここまで入力したら交付目論見書等を閲覧し、「私は、上記目論見書・目論見書保管書面の内容を確認しました」にレ点を入れます。

「次へ(積立設定確認)」をクリックして後は画面指示に従って申し込み完了すれば数日後に取引が始まります。

貴方も楽々毎日百円投資術の仲間入り。立派な投資家デビューです。

スポンサーリンク

↑S&P500投資信託を買付けするならお薦め!↑

↑eMAXIS SLIM米国株式(S&P500)はお薦め度トップ級↑

次回は市場全体と一部、投資の違いについてお話しします。

全体と一部どちらを買うのが良いの?

楽々毎日百円投資術を始めたくなったら「即、実行!」へ。

即、実行!

ゆっくり考えたい方は「一番最初の記事に行く」へ。

一番最初の記事に行く

松井証券なら始め方簡単!

(投資は自己責任で)

投資リスク

コメント

タイトルとURLをコピーしました