73位ゼネラル・エレクトリック(2021年4月16日時点)

スポンサーリンク

楽々毎日百円投資術!

こんにちは!

ug(ゆーじ)です。

米国株式指標S&P500時価総額73位はゼネラル・エレクトリックです。1878年設立時の名前はエジソン電気照明会社でした。言わずと知れたトーマス・エジソンが始めた実験室から生まれた会社が同社です。1982年にエジソンと同じく発明家であるトムソン・ヒューストンが創業したトムソン・ヒューストンカンパニーと合併して、現在のゼネラル・エレクトリックとなりました。ダウ工業株30種平均という世界で最も名の通ったアメリカ合衆国工業系株式指標に、1896年5月から2018年6月の長きに渡って採用され続けてきた歴史と実績に溢れた企業です。

他業種に渡って事業を行っているコングロマリットとして有名なのが同社です。扱っている事業を見てみましょう。

  • 航空機エンジン
  • 医療機器
  • 産業用ソフトウェア
  • 各種センサ
  • 鉄道機器
  • 発電及び送電機器
  • 水処理機器
  • 化学プロセス
  • 鉱山機械
  • 石油・ガス
  • 家庭用電化製品
  • 金融事業

幅広い分野における発明から得た特許が同社の特徴です。本社はアメリカ合衆国コネチカット州です。

スポンサーリンク

 

ゼネラル・エレクトリック (GE)

(General Electric Company)

 総合電機メーカー・消費財コングロマリット

株価:13.23ドル(2021年5月21日20:04)

時価総額:約1,161億ドル

近年の売上高を見てみましょう。

2018年12月期 約970億ドル

2019年12月期 約952億ドル

2020年12月期 約796億ドル

2021年12月期 約772億ドル(予想)

2022年12月期 約821億ドル(予想)

一株利益マイナス0ドル12.48セント、一株配当は0ドル4セント、2020年現在の経営状況が赤字なので、配当については持ち出しとなります。配当利回り約0.3%、自己資本比率は12.24%です。140年近い歴史の中で、事業の買収・売却を繰り返して巨大な企業体を維持・拡大してきました。しかし、21世紀に入ってからは事業の取捨選択が上手く行っていないとの話も出ております。万全の経営状態でないことは近年の売上高推移を見てもわかります。とは言え、現在においてもゼネラル・エレクトリックが世界最大級の総合電機メーカーであることは疑いようのない事実です。

S&P500投資信託を買うという事はゼネラル・エレクトリックの株主になるということです。

※時価総額の順位はその時々の株価により変化します。

スポンサーリンク


↑楽々毎日百円投資術始めるならお薦め!

↑eMAXIS SLIM米国株式(S&P500)買付可!↑

次回、

82位マイクロン・テクノロジー(2021年4月16日時点)

「楽々毎日百円投資術」を始めたくなった人は「即、実行!」へ。

即、実行!

当ブログの最初の記事から読みたい方は「一番最初の記事に行く」へ。

一番最初の記事に行く

73位ゼネラル・エレクトリック(2021年4月16日時点)

(投資は自己責任で)

投資リスク

コメント

タイトルとURLをコピーしました